本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する kinki blind tennis association

大会報告report

第1回ジャパンカップブラインドテニス大会報告

好天の京都府宇治市において第1回ジャパンカップブラインドテニス大会を実施しました。
皆様のご協力のもと出場選手すべての方が良い汗を流し、怪我も無く無事盛会にて終わることができました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
1.開催日
令和453日(火祝)、4日(水祝)
2.会場
京都府立山城総合運動公園 体育館
611-0031京都府宇治市広野町八軒屋谷1

3.協賛
京都府テニス連盟
日本女子テニス連盟京都府支部
日本女子テニス連盟大阪府支部
公益財団法人 京都府公園公社
錦城護謨株式会社
三菱電機ファルコンズ
奈良女子大学点訳部
宝塚医療大学
藍野大学

4.結果(入賞者、敬称略)
B1男子(全盲クラス)
優勝近江 辰夫
B1女子(全盲クラス)
優勝 横田 弓
B2・B3男子(弱視クラス)
優勝 岩瀬 文昭
B2・B3女子(弱視クラス)
優勝 藤本 悠野
一般男女(健常者クラス)
優勝 飯田 泰則

B1男子
Aグループ
岩下 正之6-3中岡 和芳
岩下 正之6-2中野 堅志
中野 堅志6-2中岡 和芳
岩下 正之決勝トーナメント進出
Bグループ
行本 裕樹6-1佐々木 薫
近江 辰夫6-4行本 裕樹
近江 辰夫6-1佐々木 薫
近江 辰夫決勝トーナメント進出
Cグループ
柳川 春己6-0角本 勝
角本 勝 6-4森下 主税
下 主税7-6(4)柳川 春己
柳川 春己決勝トーナメント進出
Dグループ
大城 敏雄7-6(2)内藤 恒史
土居 由知7-6(4)平山 幸夫
土居 由知7-6(2)内藤 恒史
大城 敏雄6-3平山 幸夫
大城 敏雄決勝トーナメント進出
準決勝
近江 辰夫7-6(2)岩下 正之
大城 敏雄7-6(4)柳川 春己
決勝近江 辰夫2-0大城 敏雄
        4-1〉
        4-2〉

 B1女子
多井 直美6-4梅原 慈香
横田 弓 6-3梅原 慈香
多井 直美6-3横田 弓
決勝
横田 弓2-0多井 直美
     4-2〉
     〈5-4(7)〉

 B2・B3男子
檜垣 哲造7-6(1)青山 進
岩瀬 文昭6-2森川 能光
岩瀬 文昭6-0檜垣 哲造
森川 能光6-2青山 進
森川 能光6-4檜垣 哲造
岩瀬 文昭6-0青山 進
決勝
岩瀬 文昭2-0森川 能光
〈4-2〉

4-0〉


B2・B3女子
岩瀬百合枝6-2曽谷 通子
藤本 悠野6-3平家 祥子
岩瀬百合枝7-5平家 祥子
藤本 悠野6-0曽谷 通子
藤本 悠野6-1岩瀬百合枝
平家 祥子WO曽谷 通子
決勝
藤本 悠野2-1岩瀬百合
4-1〉
1-4〉
4-2〉

一般
中塚 恭平6-3芳本 宏
飯田 泰則6-0小山 健一
芳本 宏 6-0小山 健一
飯田 泰則6-0中塚 恭平
飯田 泰則6-1芳本 宏
中塚 恭平6-3小山 健一
決勝
飯田 泰則2-0中塚 恭平
4-1〉
4-0〉

 交流戦
B1
中岡 和芳6-4梅原 慈香
横田 弓 7-6(3)角本 勝
中野 堅志6-3柳川 春己
土居 由知7-5佐々木 薫
多井 直美7-5中岡 和芳
森下 主税6-4平山 幸夫
行本 裕樹6-2内藤 恒史

B2-B3
岩瀬 文昭6-4岩瀬百合枝
青山 進 6-0藤本 悠野

4.大会の様子
 新緑のもと、山城総合運動公園体育館にて総勢28名の選手が集まり、熱戦が繰り広げられました。参加選手は関西以外にも関東・東海・中国・四国・九州からも集まり大盛況となりました。

近畿ブラインドテニス協会としては兵庫・大阪以外で初の公式大会の開催であり、また障がい者施設の利用ではなく一般施設での開催ということもあり不安も強かったですが、審判・ボランティア等のご協力を頂き、大変充実した大会となりました。

 大会の審判団には京都府テニス協会及び日本女子テニス連盟京都府支部・大阪府支部が、ボールパーソンには奈良女子大学点訳部、藍野医療大学、宝塚医療大学の学生等の方々がご協力くださいました。

 日本各地で行われる大会では予選等1試合1セット4ゲームマッチと短い試合が多いですが、真の日本一を決める大会を目指し予選から1セット6ゲームマッチ、決勝では3セット4ゲームマッチにて行いました。

 大会1日目は各クラス予選、2日目は交流戦及び各クラス準決勝・決勝を行いました。

 B1(全盲)男子クラスはレシーブ力に定評のある近江辰夫(広島県)が、前回まいどおおきにフレンドリーカップ大会優勝の大城敏雄(大阪府)を決勝で破り優勝を遂げられました。

 B1(全盲)女子では上位を競い合う横田 弓(愛媛県)と多井直美(兵庫県)の決勝となり、白熱した試合となりました。2セット目はタイブレークとなり9-7にて横田 弓(愛媛県)が競り勝ちました。

 B2・B3 (弱視)男子ではストロークが冴えわたる岩瀬文昭(愛知県)が実力を発揮し優勝。

 B2・B3(弱視)女子は決勝にて藤本悠野(東京都)と岩瀬百合枝(愛知県)が白熱した試合となり3セット目までもつれました。最後は良く動き安定してラリーを支配した藤本悠野(東京都)が優勝しました。

 一般(晴眼)では随所に実力を発揮した飯田泰則(兵庫県)が圧倒的な力を魅せつけ他を寄せ付けず余裕の優勝となりました。

 今回の大会は選手にとって初めての開催場所となり、移動等に不安を感じる選手もたくさんいましたが、錦城護謨の誘導マットを敷設していただいたり、ボランティアが適切に誘導していただき安心して移動することが出来ていました。また審判の方には今回初めてブラインドテニスを観た方もいらっしゃる中、適切なジャッジをしていただきました。

 その他たくさんの方のご支援があり、無事大会を終えることができました。本当にありがとうございました。

 以下に大会の写真を添付しますのでご参照ください。

第4回まいどおおきにフレンドリーカップ報告

コロナ渦の中、第4回まいどおおきにフレンドリーカップを下記の通り実施しました。大盛況にて終えることが出来ました。これもひとえに皆様方のご協力のおかげだと思っています。今後も宜しくお願い致します。

1.開催日

 令和3年10月9日(土)、10日(日)

2.会場

・兵庫県立障害者スポーツ交流館

651-2181 神戸市西区曙町1070

3.協賛・協力

ヨネックス株式会社

ウインザーラケットショップ梅田店

公益財団法人兵庫県障害者スポーツ協会

(一社)兵庫県テニス協会

アダプテッド・スポーツ科学専門領域

※本企画は2021年度、アダプテッド・スポーツ科学専門領域活動支援を受けました。

日本女子テニス連盟兵庫県支部

神戸学院大学

宝塚医療大学

錦城護謨株式会社

兵庫県立障害者スポーツ交流館

4.結果(入賞者、敬称略)

 B1シングルス男子(全盲クラス)

 優勝大城 敏雄

 B2シングルス女子(全盲クラス)

 優勝 横田 弓

 B2・B3シングルス男子(弱視クラス)

 優勝 岩瀬 文昭

 B2・B3シングルス女子(弱視クラス)

 優勝 藤本 悠野

 一般シングルス男女(健常者クラス)

 優勝 飯田 泰則

 D1ダブルスクラス (全盲ダブルスクラス)

 優勝 中岡 和芳・横田 弓

 D2ダブルスクラス (弱視、健常者ダブルスクラス)

 優勝 中塚 恭平・芳本 宏


まいどおおきに!賞

角本 勝

川井田 悟・美和・奈緒

森川 能光

B1男子シングルス

1回戦

近江辰夫6-4福原良英

内藤恒史5(4)-4佐々木薫

桜井宏紀4-2中野堅志

桂田元太郎5(2)-4土居由知

2回戦

近江辰夫4-1角本勝

大城敏雄4(4)-3内藤恒史

岩下正之4-1桜井宏紀

中岡和芳5-3桂田元太郎

準決勝

大城敏雄5(4)-4近江辰夫

岩下正之4-2中岡和芳

決勝

大城敏雄7(10)-6岩下正之

交流戦

福原良英5-3佐々木薫

中野堅志5(4)-4土居由知

 

B1女子シングルス

1回戦

梅原慈香-駄場崎順子(棄権)

馬場洋子4-0田中晶子

横田弓5(2)-4澤田理絵

準決勝

多井直美4(2)-3梅原慈香

横田弓5-3馬場洋子

決勝

横田弓6-4多井直美

交流戦

梅原慈香4-0田中晶子

梅原慈香4(2)-3澤田理絵

 

B2・B3男子シングルス

1回戦

森川能光4-0河合雅之

青山進-檜垣哲造(棄権)

準決勝

芳本宏4-1森川能光

岩瀬文昭4-1青山進

決勝

岩瀬文昭7(3)-6芳本宏

交流戦

青山進4-0河合雅之

 

B2・B3女子シングルス

1回戦

岩瀬百合枝4-2平家祥子

藤本悠野4-1向井久代

決勝

藤本悠野6-1岩瀬百合枝

交流戦

平家祥子4-0向井久代

 

シングルス一般ミックス

1回戦

中塚恭平4-0田川沙絢

岩本和久4-1浅田美智子

準決勝

中塚恭平4-0小山健一

飯田泰則4-0岩本和久

決勝

飯田泰則6-0中塚恭平

交流戦

浅田美智子4-1田川沙絢

 

D1ダブルス

1回戦

福原良英・澤田理絵4-1内藤恒史・蔵本朋子

2回戦

福原良英・澤田理絵5(4)-4角本勝・多井直美

近江辰夫・桂田元太郎4-2大城敏雄・中野堅志

岩下正之・佐々木薫4(0)-3土居由知・梅原慈香

中岡和芳・横田弓4-1桜井宏紀・馬場洋子

準決勝

福原良英・澤田理絵4-2近江辰夫・桂田元太郎

中岡和芳・横田弓5-3岩下正之・佐々木薫

決勝

中岡和芳・横田弓7(3)-6福原良英・澤田理絵

交流戦

大城敏雄・中野堅志4-1内藤恒史・蔵本朋子

桜井宏紀・馬場洋子4(2)-3土居由知・梅原慈香

 

D2ダブルス

1回戦

岩瀬文昭・岩瀬百合枝4-2飯田泰則・向井久代

小山健一・河合雄行4-0浅田裕央・浅田美智子

中塚恭平・芳本宏4-1森川能光・藤本悠野

準決勝

岩瀬文昭・岩瀬百合枝4-2小山健一・河合雄行

中塚恭平・芳本宏4-2川井田悟・川井田美和

決勝

中塚恭平・芳本宏6-2岩瀬文昭・岩瀬百合枝

交流戦

飯田泰則・向井久代4-0浅田裕央・浅田美智子

飯田泰則・向井久代4-0森川能光・藤本悠野


5.大会の様子

 秋晴のもと、兵庫県スポーツ交流館にて総勢36名の選手が集まり、熱戦が繰り広げられました。参加選手は関西以外にも関東・東海・中国・四国からも集まり大盛況となりました。

 また新型コロナウイルス感染拡大の影響でほとんどの大会が中止となり、参加選手同士、久しぶりの再会に笑顔であふれているように感じられました。

 大会の審判団には日本女子テニス連盟兵庫県支部が、ボールパーソンには神戸学院大学、宝塚医療大学の学生等の方々がご協力くださいました。

 今回はエキシビジョンにて脳血管障害の後遺症をもつ女性(20代)とそのご両親のペアと近畿ブラインドテニス協会会長芳本宏・副会長岩下正之とのダブルスマッチが組まれ、障害の垣根を越えた交流が出来たのではと感じました。

 大会1日目はシングルス、二日目はダブルスを行いました。

 B1(全盲)男子シングルスでは並居る強豪を内倒し、今回最高年齢76歳の大城敏雄選手が悲願の優勝を遂げられました。

 B1(全盲)女子シングルスでは常に上位を争う横田弓選手と多井直美選手の決勝となりました。気迫溢れるプレーにて第10ゲーム多井直美選手のサービスゲームをブレイクした横田弓選手が優勝しました。

 B2・B3 (弱視)男子シングルスではどんなボールにも攻守をみせた岩瀬文昭選手が優勝。

 B2・B3(弱視)女子シングルスでは安定したストロークで藤本悠野選手が優勝を成し遂げました。

 一般(晴眼)ミックスシングルスは大会初参加の飯田泰則選手が圧倒的な力を魅せつけ他を寄せ付けず余裕の優勝となりました。

 D1(全盲同士)ダブルスでは福原良英・澤田理絵夫婦のペアが健闘し、決勝まで駒を進めましたが、長年ペアを組んでいる愛媛の中岡和芳・横田弓の息の合ったペアの前に悔しくも敗れ中岡和芳・横田弓が優勝しました。

 D2(弱視・晴眼同士)ダブルス決勝では岩瀬文昭・百合枝夫婦の助け合ったプレーが多々見られましたが、強打を誇る中塚恭平・芳本宏ペアの前に破れました。

 今回の大会は各選手コロナ渦にて、なかなか練習の機会や環境に恵まれない方々もたくさんいましたが、熱戦にわたる熱戦が続き、二日間とも予定時間が大幅に延長となりました。

 シングルス優勝者には錦城護謨が出している「ガラスじゃない!ゴムでできた割れないシリコンロックグラス」とヨネックス様が提供して下さったタオルをダブルス優勝者にはウインザーラケット梅田店で購入したテニス詰め合わせセットが贈られました。

 今回に関しては新型コロナウイルス感染拡大防止のため様々なところで審判・ボランティアのご協力を頂きました。大変ありがとうございます。

第8回合同練習会を終えて!

 去る7月25日(日)兵庫県立スポーツ交流館(神戸市)において第8回合同練習会を行いました。コロナ渦の中、予想を超える協会員14名と多くのボランティアの方が参加して頂きました。芦屋大学准教授の竹安知枝様にもご見学頂き、また練習会のサポートもして頂きました。
 午前中B1クラスとB2・B3クラス分かれて2面のコートで練習しました。B1はサポーターの秋田さんに指導していただき、スプリットステップやバックハンドストロークなどを中心に練習。B2・B3はサポーターの玉置さんに指導していただき、ボレーボレーやストローク→アプローチ→ボレーなど一連の流れからアプローチやポイントを決めるボールなどを練習しました。
 普段クラブ練習などでは行わない練習を取り入れて頂き、会員も喜んでいる様子でした。技術の幅を拡げる事や、弱点を克服する事、あるいは弱点を上回るストロングポイントを作る事はテニスの楽しさの一つです。
 近畿ブラインドテニス協会としては今後もこのような合同練習会に取り組み、会員の方の技術向上を図れればと思っています。







テニピンとブラインドテニスのコラボ

去る7月2日(金)テニススクール ノアHAT神戸校にてテニピンを体験してきました。また担当してくださいました鈴木 勝コーチにはブラインドテニスを体験していただきました。
 テニピンとはテニスを誰もが簡単に楽しむことができるように開発されたものです。手の平にはめたスポンジやダンボールのラケットで、スポンジのボールを打ち合うゲームになります。
 実際体験すると手のひらのごつごつした部分にボールが当たるとコントロール出来ず、まっすぐに飛びません。しっかりと手の真ん中にボールを当てなければコントロールが出来ず、ボールをしっかり見る・聞くには良い練習だと感じました。またブラインドテニスのボールを使用すれば全盲の方でも十分に楽しめ、ブラインドテニスを始めるための、初期の練習に取り込めるのではと思いました。
 ノアHAT神戸校の鈴木コーチには弱視用の眼鏡やアイシェードを着けていただき弱視体験・全盲体験にてブラインドテニスをしていただきました。さすがにテニスコーチだけあり、吸収力が早く、アイシェードを着けて球出し4〜5球目くらいにはラケットに当たり、相手コートにボールを返球出来るようになりました。またアイシェード装着にて、すぐにオーバーサーブが出来ていました。
 今回見えない、少し見える、見えづらい状況にある私達視覚障がい者が、晴眼者と何ら変わらずテニスを楽しめる、楽しんでいることを少しでも感じていただけたのではないでしょうか?
 個々の視認知に合わせたルールはあるものの、きっと私達と晴眼の方が一緒にテニス(ブラインドテニス)を楽しめる機会が増やせるといいなと願っています。
 最後にこの様な機会を設けていただき、ご尽力くださいました関係者の皆様に御礼申し上げます。またテニススクール ノアHAT神戸校様には当日色々とご配慮いただきましたこと、心より感謝いたします。
 今後共何卒よろしくお願い申し上げます。
                      
  
                             
      
  
           




第25回 西日本ブラインドテニス大会中止のお知らせ

 入梅の折、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて令和3年7月24日、25日の開催に向けて鋭意準備を進めてまいりました「第25回西日本ブラインドテニス大会」ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開催を中止することにいたしました。
 近畿ブラインドテニス協会としては関係者と力を合わせ、開催に向けて準備をして参りましたが、苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、この日を楽しみにされていました皆様には大変申し訳なく、心苦しい気持ちで一杯です。大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
 近畿ブラインドテニス協会としては参加者、スタッフ、ボランティアの方々の健康と安全をより最優先に考えた結果、苦渋の決断となりました。
 今後の大会開催についても、ワクチン接種の進捗状況、感染者数の推移を注視しながら検討していきたいと考えております。今後、大会開催した折には皆様のお元気な姿を観させていただければと思いますので、積極的なご参加をお待ちしております
 今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。
令和3年5月30日

近畿ブラインドテニス協会
会長 芳本 宏

第3回 まいどおおきにフレンドリーカップ (中止)

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御 礼申し上げます。
さて令和3年1月23日(土)24日(日)の開催に向けて鋭意準備を進めてまいりました 「まいどおおきにフレンドリーカップ」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を中止することに決定いたしました。
参加者等皆様にとっては、誠に残念な報告となりますことを心からお詫び申し上げます。
近畿ブラインドテニス協会では、これまで関係者と開催に向け検討を進め、参加者に 安心・安全な大会を心がけ感染症対策マニュアルの作成等、準備を進めてまいりました。しかし12月に入り、感染者数・感染地域の急増、重傷者の増加ひいては医療崩壊 の危機に瀕しております。この社会状況の中、県をまたぐ移動等リスクの高まる行動は避けるべきではないかという思いに達しました。また参加者の皆様、スタッフ、ボランティアの方々の健康と安全をより最優先に考えた結果、苦渋の決断ではありますが、大会を開催することは困難であると判断いたしました。
大会を心待ちにされていた方々のご期待に応えることができず、誠に残念ではございます。
我々近畿ブラインドテニス協会は、これまで以上に皆様に親しまれ愛される、安心で安全なブラインドテニス大会を目指し、誠心誠意取り組んでまいりますので、引き続き、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年12月13日
近畿ブラインドテニス協会
会長 芳本 宏

第24回 西日本ブラインドテニス大会(中止)

 近畿ブラインドテニス協会では令和2年10月24・25日に開催を予定しておりました「第24回西日本ブラインドテニス大会」を、新型コロナウイルス感染拡大に対する安全面を最優先に考え、開催中止を決定いたしました。
 新型コロナウイルスの感染拡大が先を見通せない状況となっている中、近畿ブラインドテニス協会では、大会を安全に開催するための方策を関係機関と協議しながら探ってきましたが、現時点での準備段階において、まん延防止の3密条件の排除、衛生環境などの万全な感染予防体制の構築、大会参加者・関係者の安全な移動方法の確保が困難となっているほか、特にボランティアなどの必要数の確保に見通しが立たなくなっていること等から、大会に参加いただくすべての方々にとって安心・安全な大会開催が難しいと考え、やむを得ず開催中止の判断をいたしました。
 今後何より、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が一刻も早く収束に向かいますことを心よりお祈り申し上げます。


第23回 西日本ブラインドテニスmen's大会

1.開催日
令和元年127日(土)、8日(日)

2.会場
兵庫県立障害者スポーツ交流館
651-2181 神戸市西区曙町1070
国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局神戸視力障害センター
651-2181 神戸市西区曙町1070

3.結果(入賞者、敬称略)
B1(全盲クラス)
優勝 大野 博文 (愛知県) 準優勝 岩下 正之 (大阪府)
B2
優勝 面川 秀文 (福島県)
B3
優勝 芳本 宏 (大阪府)  準優勝 岩瀬 文昭 (愛知県)
一般(晴眼者クラス)
優勝 岩本 和久

4.大会の様子
 年の瀬も押し迫った12月7日8日、日本各地からB1クラス27名、B2クラス3名、B3クラス8名、一般クラス3名、計41名が集い、2日間にわたって熱戦が繰り広げられました。
 大会の審判団には日本女子テニス連盟兵庫県支部が、行ってくださいました。今年もまた錦城護謨様に体育館入り口からトイレなど誘導マットを敷いていただきました。
 今回も西日本ブラインドテニス
ladies大会に引き続き、一般の部を設けさせていただきました。ただ一般の部の参加者が3名と少なかったのが少し寂しいように思えました。もっとこの大会の認知度を高めていかなければと改めて感じました。
 今回
B1クラスは27名と参加者が多く、9つのブロックに分け、リーグ戦を行いました。選手の実力差が年々少なくなり、予選リーグから白熱した試合も多くありました。準決勝では2試合ともタイブレークにもつれる試合で見ごたえのあるものでした。B3の決勝戦はラリーも長く、ミスをした方がゲームを落とす僅差の試合であり、一般のテニスコートに近い広さを50分以上走り回っていました。









第2回まいどおおきに!フレンドリーカップ!

1.開催日
令和元年914日(土)、15日(日)

2.会場
・兵庫県立障害者スポーツ交流館
651-2181 神戸市西区曙町1070
・国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局神戸視力障害センター
651-2181 神戸市西区曙町1070

3.結果(入賞者、敬称略)
B1シングルスミックスクラス(全盲クラス)
優勝 岩下 正之 準優勝 多井 直美
B2B3・一般シングルスミックスクラス(弱視・健常者クラス)
優勝 岩本 和久 準優勝 吉田 
D1ダブルスクラス (全盲ダブルスクラス)
優勝 佐々木 薫・角本 勝ペア 準優勝 大城 敏雄・多井 直美ペア
D2ダブルスクラス (弱視、健常者ダブルスクラス)
優勝 玉置 一雅・向井 久代ペア 準優勝 秋田 浩司・平家 祥子ペア

スピードガン勝負
スピード勝負!   優勝 秋田 浩司
スピードコントロール対決!  優勝 内藤 恒史
特別賞 馬場 洋子 曽谷 通子

B1シングルス予選
Aグループ
角本 勝4(1)-3大城 敏雄
森下 美帆4-2金成 清隆
角本 勝5-3金成 清隆
大城 敏雄4(0)-3森下 美帆
角本 勝4-0森下 美帆
大城 敏雄4-2金成 清隆
角本 勝が決勝進出

Bグループ
多井 直美5(1)-4中野 堅志
森下 主税4-2佐々木 薫
中野 堅志4(2)-3森下 主税
多井 直美4-2佐々木 薫
中野 堅志4-1佐々木 薫
多井 直美4-2森下 主税
多井 直美が決勝進出

Cグループ
岩下 正之4-2内藤 恒史
近江 辰夫5-3馬場 洋子
近江 辰夫4-1内藤 恒史
馬場 洋子5(3)-4岩下 正之
馬場 洋子4(2)-内藤 恒史
岩下 正之4-1近江 辰夫
岩下 正之が決勝進出

B1シングルス決勝
多井 直美6-4角本 勝
岩下 正之7-5多井 直美
岩下 正之6-3角本 勝

B2・B3・一般シングルス予選
Aグループ
金山 義雄4-0平家 祥子
吉田拳4-0曽谷 通子
金山 義雄4-0曽谷 通子
吉田拳4-1平家 祥子
吉田拳4-1金山 義雄
平家 祥子5-3曽谷 通子
吉田拳が決勝進出

Bグループ
河合 雅行4-0白石 典秀
岩本 和久4-0向井 久代
白石 典秀4-1向井 久代
岩本 和久4-1河合 雅行
岩本 和久4-1白石 典秀
河合 雅行4-0向井 久代
岩本 和久が決勝進出

B2・B3・一般シングルス決勝
岩本 和久6-4 吉田拳

D2ダブルス予選
Aグループ
秋田 浩司・平家 祥子4-0吉田 拳・小山 健一
吉田拳・小山 健一4-1河合 雅行・白石 典秀
秋田 浩司・平家 祥子4-2河合 雅行・白石 典秀
秋田 浩司・平家 祥子が決勝進出

Bグループ
玉置 一雅・向井 久代4(4)-3曽谷 通子・曽谷 静香
曽谷 通子・曽谷 静香4(3)-3芳本 宏・芳本 有里子
玉置 一雅・向井 久代4(3)-3芳本 宏・芳本 有里子
玉置 一雅・向井 久代が決勝進出

D2ダブルス決勝
玉置 一雅・向井 久代4-2秋田 浩司・平家 祥子

D1ダブルス予選
Aグループ
佐々木 薫・角本 勝4(4)-3中野 堅志・馬場 洋子
金成 清隆・近江 辰夫4(4)-3中野 堅志・馬場 洋子
佐々木 薫・角本 勝4(3)-3金成 清隆・近江 辰夫
佐々木 薫・角本 勝が決勝進出

Bグループ
大城 敏雄・多井 直美5-3森下 主税・森下 美帆
岩下 正之・内藤 恒史4(1)-3森下 主税・森下 美帆
大城 敏雄・多井 直美4-3岩下 正之・内藤 恒史
大城 敏雄・多井 直美が決勝進出

D1ダブルス決勝
佐々木 薫・角本 勝5-3大城 敏雄・多井 直美

4.大会の様子
 当日は残暑厳しき日となりましたが、総勢26名48試合の熱戦が繰り広げられました。同日には埼玉県にて日本ブラインドテニス連盟主催の大会が行われていましたが愛媛・岡山・愛知など関西以外からの参加者も多数おられました。
 大会の審判団には日本女子テニス連盟兵庫県支部が、ボールパーソンには神戸学院大学ボランティア部の方々や地元玉津のボランティアの方々がご協力くださいました。また大会二日目(9月15日)には、ウインザーラケット梅田店から谷口 勝哉氏・木村 浩彰氏が来てくださり、ヨネックスの商品展示、ブラインドテニスチームとのエキシビジョンマッチをしてくださいました。今年もまた錦城護謨様から試合会場出入り口からトイレ、更衣室など誘導マットを敷いていただきました。
 大会1日目はシングルス、二日目はダブルスを行いました。B1ミックスシングルスでは強烈なサーブを武器に前回優勝者の多井 直美選手を破り見事岩下 正之選手が初優勝しました。
B2・B3・一般ミックスシングルスでは近畿ブラインドテニス協会主催の大会でまだ1勝もしていない錦城護謨チームの岩本 和久選手、吉田 拳選手が見事な試合運びをし、優勝・準優勝を果たしました。B2・B3・一般ダブルスはどの試合も緊張が続くような試合内容で、どのチームが優勝してもおかしくない展開でしたが、チームワークの良さで玉置 一雅・向井 久代ペアが見事優勝されました。
B1ダブルスでは昨年決勝戦をけがで棄権した佐々木 薫・角本 勝ペアが、前回優勝の大城 敏雄・多井 直美ペアをタイブレークの末、押し切り見事雪辱を果たし優勝されました。
どの試合も出場選手が全力を出し切り、素晴らしいプレーがよく見られました。
エキシビジョンマッチではブラインドテニス選抜チーム岩下 正之監督の悪だくみに拍車がかかり、さしものウインザーラケット梅田店チームも黒星を喫してしまいました。


第23回 西日本ブラインドテニスレディース大会

1.開催日
令和元年525日(土)、26日(日)

2.会場

大阪市舞洲障がい者スポーツセンター
554-0041
住所:大阪市此花区北港白津二丁目1番46号

3.結果(入賞者、敬称略)
B1(全盲クラス)優勝 多井 直美 準優勝 横田 弓
B2       優勝 岩瀬 百合枝 準優勝 藤本 悠野
B3         優勝 曽谷 通子
一般(晴眼者クラス)優勝 玉置 一雅 準優勝 秋田 浩司




4.
大会の様子
東京・愛知・愛媛など遠方から選手が集い2日間にわたって熱戦が繰り広げられました。大会の審判団には日本女子テニス連盟大阪府支部が、ボールパーソンには一般の部で参加してくださいました方々が協力くださいました。また、ボー ルパーソンはテニスと異なりチェンジオブエンド時は選手の手引き誘導も行います。またB1の決勝戦では日本女子テニス連盟大阪府支部の方々が務めていただきました。今年もまた錦城護謨様から試合会場観覧席から会場入り口またトイレなど誘導マットを敷いていただきました。これがあることにより選手は単独でスムーズに行動することが出来ていたように思います。今回の大会は日本ブラインドテニス連盟公認大会となりますが、全国をきって初めて国際ルールでの大会となり、B1クラスは国内ルールでのコートより狭く、B2・B3・一般は広くなりました。
また今回第23回目となる西日本ブラインドテニス大会ですが、初めて一般の部を設けた大 会となりました。一般の部では10名もの参加者が集まり熱戦を繰り広げられました。中でも決勝戦の玉置一雅選手と秋田浩司選手の戦いは技術と力の応酬となり、見ごたえのある試合となりました。
またB1の決勝戦は静寂した会場内で緊張感があり、観客全員が固唾を呑む手に汗握る白熱した戦いが行われ、見事昨年に引き続き多井直美選手が2連覇を達成されました。

























































第1回まいどおおきに!フレンドリーカップ!

まいどおおきに!フレンドリーカップ!」は、ブラインドテニスを通じて体力の維持、増強と能力の向上を図るとともに、積極性と協調性を養い、自立と社会参加の促進に寄与することを目的とし、また健常者と障がい者が一緒にプレーすることで交流を深めることにより相互理解の促進を図ることを目的として開催させていただきました。概要は以下の通りです。

1.開催日
平成30年10月27日(土)28日(日)

2.会場

兵庫県立障害者スポーツ交流館、国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局神戸視力障害センター(共に神戸市西区曙町)


3.結果(入賞者、敬称略)

B1(全盲クラス)
優勝 多井直美、準優勝 岩下正之
B2・B3(弱視クラス)
優勝 河合雅行、準優勝 金山義雄
一般(晴眼者クラス)
優勝 秋田浩司、準優勝 芳本宏
D1ダブルス(全盲ダブルス)
優勝 大城敏雄・多井直美、準優勝 角本勝・佐々木薫
D2ダブルス(晴眼者、弱視ミックスダブルス)
優勝 秋田浩司・向井久代、準優勝 芳本宏・芳本有里子

4.大会の様子
北海道、東京、岡山、愛媛など遠方から選手が集い2日間にわたって熱戦が繰り広げられました。 近畿協会の大会では初の試みとなる晴眼者のシングルス、また晴眼者と弱視選手が組んでのミックスダブルスも行われました。大会の審判団には日本女子テニス連盟兵庫県支部がボールパーソンには兵庫県立西宮南高等学校、神戸大学附属中等教育学校テニス部が協力くださいました。また、一般クラスの選手には試合の間にボールパーソンとしてもサポートしていただきました。ボールパーソンはテニスと異なりチェンジオブエンド時は選手の手引き誘導も行います。
2日目にはブラインドテニスをサポートしてくださる小林靖子さん(元プロテニスプレイヤー)のクリニックが行われ選手達は初めて受けるプロの指導をとても楽しんでいました。また、エキシビジョンマッチとして毛利真樹さん(三菱電機ファルコンズコーチ)対ブラインドテニス選抜チームが行われました。なんとかブラインドテニス選抜チームに勝利をとあの手この手のハンディを毛利さんに与え、小林さんやテニス部員を助っ人に入れるなどの工夫もむなしく勝利は6-5(4)で毛利さんに!普段は静かなブラインドテニスの試合もこのときは大きな歓声、拍手で大いに盛り上がりました。








































近畿ブラインドテニス協会

〒562-0012
大阪府箕面市白島3-10-10

TEL 072-714-2319

newpage1.htmlへのリンク

近畿ブラインドテニス協会

newpage8.htmlへのリンク